Project 47

北海道、開港! ロケットや宇宙船が飛び立つ宇宙港「北海道スペースポート」をみんなの力で作りたい!

登壇日

中神 美佳

1986年北海道大樹町生まれ。宇宙のまち大樹町で、宇宙港「北海道スペースポート」プロジェクトを進めています。広報・マーケティング担当。壮大な構想を実現させるために、みんなの力を集めて「北海道スペースポート」を作りたいと考えています。

more

プロジェクト概要

北海道大樹町生まれ、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進するSPACE COTAN株式会社で、マーケティングやPRを担当している中神美佳(なかがみ みか)と申します。これまで、自動車メーカーでのマーケティング経験を活かして、地元大樹町の地域おこし協力隊としてふるさと納税や宇宙の森フェスという野外フェスの企画、その後東京のスマイルズという会社で広報やプロジェクトマネージメントを行いました。

2019年からは2度目のUターンをして、地元大樹町でロケットベンチャー企業インターステラテクノロジズの広報やBizDevを行っています。インターステラテクノロジズの傍ら、アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」の事業推進を進めています。

プロジェクト背景

私の地元大樹町では、約35年前から宇宙のまちづくりを進めており、1,000mの滑走路を有する多目的航空公園や国の機関であるJAXAの大樹航空宇宙実験場、インターステラテクノロジズ株式会社のロケット射場などがあり、多くの航空宇宙実験が行われています。ロケット射場としては、種子島、内之浦に次ぐ国内3つ目のロケット射場がここ大樹町。

北海道大樹町は、東と南が海に開かれていること、土地が十勝晴れと言われるように晴天率が高いこと、土地が広く宇宙港の拡張性があることなどから、世界的に見ても宇宙開発に適した土地として注目されてきました。また、2019年に北海道大樹町より打上げられたインターステラテクノロジズの観測ロケット「宇宙品質にシフト MOMO3号機」は、宇宙空間にも到達しました。

北海道大樹町では、これまで10社以上の企業・団体の航空宇宙実験が盛んに行われてきましたが、そこからさらに拡張させ、宇宙港「北海道スペースポート」をつくる計画を進めてきました。

2020年に内閣府に認定された地域再生計画「大樹発!航空宇宙産業集積による地域創生推進計画」に基づき、事業推進会社 SPACE COTAN(株)も設立。2021年4月から北海道スペースポートを本格稼働させ、「北海道が、開港する」ワクワク感と北海道の未来のための一歩を踏み出しました。

今後は、人工衛星用ロケットのためのロケット射場や、宇宙船(スペースプレーン)のための滑走路の延伸、新設を行い、航空宇宙関連産業が集積した宇宙版シリコンバレーの形成を目指し、大樹町のみならず、北海道全体を活性化させる取り組みを進めていきます。

プロジェクトで何を実現したいのか

宇宙は、実は皆さんの暮らしに深く根付いています。人工衛星のデータを活用して、GPSや、自動運転の技術が発展。防災や気象観測。衛星のデータを使って、畑や海、森を観測するなど、スマートな一次産業にも活用されていきます。北海道が宇宙ビジネスの先進地になり、北海道から、道民、さらには日本の皆様の暮らしを快適に、より良くすることができたらと考えています。

また、スペースポートができることで、その周辺に関連産業の事業者が支社を置いたり、国内だけでなく海外のロケット会社やスペースプレーンの会社の支社・工場ができるかもしれません。雇用創出や、人口増加。さらには教育や観光などへのシナジー効果も期待できます。北海道スペースポートは地域創生のポテンシャルを秘めています。

北海道スペースポートが航空宇宙関連産業に従事する方々のインフラとなり、北海道の活性化、日本の宇宙産業を盛り上げていきたいと考えています。

資金の使い道

皆様からいただいた資金は、北海道スペースポートの射場建設の資金や、エンジニアリング、PR、営業等に活用させていただきます。もっと多くの方々に、北海道スペースポートを知っていただくためのイベントや情報発信等も企画していきます。また、射場建設については2023年に完成予定のLaunch Complex-1の資金に充てさせていただきます。

最後に(支援のお願い)

北海道は、「天然の良港」と言えるくらい、宇宙開発に適した土地です。世界中を探しても、こんなに魅力的な場所はないというほどで、世界中のロケット会社等からも非常に注目されています。また、宇宙は一次産業や金融、通信、防災、教育、観光などさまざまな産業とのコラボレーションも可能な産業です。

宇宙を目指す多くの方々が北海道を目指すようになったら。その時、この土地はどんな姿になっているのか、想像するとワクワクしてきませんか??

みんなで、未来の話をしましょう。明るいニュースを飛ばしましょう。
みんなの力で、北海道スペースポートをつくりましょう!