Project 52

「輝く大学生で溢れる北海道に!」 一歩踏み出すきっかけを提供するフリーマガジンKnowsを届けたい!

登壇日

金子 新太郎

2000年札幌市生まれ。大学1年時に起業家や同年代の活動的な学生と出会い、課外活動にのめり込む。その後一歩踏み出したい学生とその一歩を乗り越えた学生・大人との間に壁を感じ、雑誌制作に取り組む。

more

プロジェクト概要

初めまして!北海道大学3年次を現在休学して学生団体Knowsの代表を務めている金子新太郎です!

学生団体Knowsは2021年の4月に立ち上がった団体で、『輝く大学生で溢れる北海道に』をミッションに道内の大学生に一歩踏み出すきっかけを提供するフリーマガジンを出版しており、今までに3種類のフリーマガジンを出版してきました。
また、Knowsには道内の9大学に在籍している24名が所属していて、主にオンライン環境を駆使してフリーマガジンの制作に励んでいます。

そんな僕たちは、2022年4月(各大学に新入生が入ってくるタイミング)に今までのVol.1~3を凌駕する「Knows 最新号」を道内の大学生1万人以上に配りたいと思っています!

<Knows 最新号のコンテンツ>
・北海道で活躍している大学生・北海道出身の著名人へのインタビュー記事
・北海道で何かに挑戦したい人にお勧めしたい場所・プログラムの紹介(ex.シェアハウスや起業家育成プログラム)
・大学生が読みたくなるようなコンテンツ(安全なお金の稼ぎ方など)

上記、計100ページ弱を想定しています。

プロジェクト背景

僕が北海道に特化した大学生向けフリーマガジンを作っている背景をお話させていただくと、僕は大学に入ってからの約1年間つまらない大学生活を送っていました。
そんな大学1年生の冬に、社会人起業家や旅人として色々なところを回っている大学生との出会いによって自分の視野が広がり、自分の居場所を見つけたかのような感覚になりました。
自分の人生を何かに捧げていたり本気になっている人と出会うことはあまりなかったため、自分にとって本当に大きな出会いでした。

そのことがきっかけとなり、1年間ほど精力的に様々な活動をさせていただいた中で、北海道には僕が出会った方々と同じように挑戦を応援してくれたり、憧れてしまうようなカッコいい大人や同年代の大学生が沢山いることがわかりました。
でもこのような人と出会えるかどうかは運要素が大きいと思います。特に北海道は、地理的に各都市間の移動が難しく活発な交流が生まれない点が大きな原因に挙げられると思います。
僕は、この出会いが生まれない状況を大きな課題だと感じています。

この課題を解決するために、僕はフリーマガジンという手段を通して間接的な出会いを生み出して、北海道の大学生に一歩踏み出すきっかけを提供したいと考えました。
団体を立ち上げてから約半年間で3冊のフリーマガジンを作ってきましたが、未だKnowsが実現したいことには到底たどりつけていない状況です。
だからこそ、今回のプロジェクトを必ず成功させたいと思っています。

プロジェクトで何を実現したいのか

Knowsは、1人1人にとっての『冒険の書』となります!それぞれの悩みややりたいことによってKnowsの利用スタイルは変わってくると思います。僕達がオススメしたいのは以下3つの活用パターンです。

①気になった人のSNSをフォローして、ダイレクトメッセージを送ってみる
②参考にしたいと思った人の人生インタビューの中から1つ盗んでみる
ex)Aさんが2年生の時に参加していたインターンに自分も参加してみる
③Knowsの読者同士がKnowsという共通言語でつながり、切磋琢磨できる仲間をつくる

このように、Knowsが沢山の大学生に一歩踏み出すきっかけを提供することによって『輝く大学生で溢れる北海道に』というKnowsのミッションが叶えられると考えています!
また、大学生1人1人が満足感をもって毎日を生きたり、挑戦することによって、それぞれの社会に対する主体性が増し、北海道が活性化されるすることも期待できます。
そうして、生まれ育った大好きな北海道を僕たち若い世代の力で面白くしていきたいです!

資金の使い道

皆様から頂いた資金は、2022年4月に出版予定のKnowsの制作費用としてに活用させていただきます。内訳としては印刷代・取材や配布のための交通費です。

北海道は近い将来、『最も大学生の目が輝いてる都道府県1位』になります!ぜひ、その未来をともに信じて頂ければ嬉しくと思います。

最後に(支援のお願い)

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます!

もしかすると僕達がやっていることはかなりのお節介なのかしれません。でもそうとわかっていてもやめられません。それはこれまでに感謝としていただいたメッセージの貯金があるからです。

「Knowsを通して素敵な方と友達になれました!!」
「Knows大好きです!」
「面白さに衝撃を受けました!」

これらのメッセージの想いを背負って、僕たちは最新号を出版します。

これまでに出版したものに比べても圧倒的に高いクオリティに仕上げていますので、Knowsを含む北海道の若者の未来に賭けてみていただける方はご支援いただけると幸いです!よろしくお願いいたします!